一級建築士試験・製図試験の受験回数が3年から5年へ変わる→国交省が有効期限を見直しへ

10月 10, 2019

■一級建築士試験・製図試験の受験回数が3年から5年へ変わる→国交省が有効期限を見直しへ

こんにちは、酒井です。
試験制度が変わるのでツイートした件です。
一級建築士試験が学科試験だけではなくて設計製図試験も変わります。

来年の2020年から3年から5年に延長されます。

試験は5年間で3回だけなのでお忘れなく。

建築士試験は学科と製図の2科目があり、学科試験合格後に製図試験を3回受験できる。製図試験が柔軟に受験できるよう、学科試験合格の有効期限(学科試験免除)を3年から5年に延長。5年間で3回の受験を可能にする。

出典:日刊建設工業新聞2019年7月18日

結論

「今年、合格するためにベストを尽くす!」です。
試験制度にふりまわされずに、合格するために全力で走り抜けるのがベストですよ。